アフターピル知ってる?彼女の未来を守る避妊薬の知識

避妊できる最後の方法

女性は男性に頼らずとも、自らの意思で「避妊」を選択できます。
低用量ピルのことでしょ?」となるかも知れませんが、違います。
今回お話したいのは、コンドームや避妊薬の使用に失敗してしまった時の「万一の時」に使用する緊急避妊薬のアフターピルになります。
これは中絶以外で妊娠を回避できる最後の方法になります。
病院でアフターピルを処方してもらう事は可能ですが、保険の効かない治療とされているので5000~20000円ほどかかると言われています。
そこで病院処方される「ノルレボ」のジェネリックである「アイピル」について解説していきます。
1錠も800円ほどになるので、予想だにしない事態に備えて、お守りとして持っておくと良いかも知れません。

【アイピルとは】
こんな時に使用します。
・ゴムが外れた
・破損してた
・低用量ピルの飲み間違い、あるいは飲み忘れ
・不用意なSEX(コンドームを使用しないでのSEX)
また、可能性としては低いものの「レイプや強姦」などの性犯罪の被害者となった場合にも使用されます。
どれにも共通しているのは「緊急時」ということです。
なので、服用にはタイムリミットがあります。
SEX後は72時間以内に確実に1錠服用する必要があります。
またこの時間も出来る限り早くの方がより良いとされています。
時間内に服用することが出来れば、ほぼ100%妊娠を回避できます。
病院で処方してもらうことも出来ますが、保険が適用されない為、気軽に買うことが出来るものではありません。
ですが、海外医薬品の個人輸入代行を利用すれば通販でアイピルを安く買うことが出来ます。

【アイピルの作用】
避妊薬には、肌荒れ改善などの他の効果もありますが、アフターピルは「避妊」のみが効果となっています。
次のような2つの作用が女性のからだを守ります。
・排卵をストップ
・子宮内膜の成長を抑えて、受精卵の着床防止
この2つの作用が排卵前後に関わらず、妊娠を回避してくれます。

【副作用】
・めまい
・吐き気
・頭痛
・倦怠感
これらの症状は、ほとんどの人に現れます。
これは、一時的にホルモンバランスに大きな変化を与えるために現れます。
1錠のみの服用になるので、一時的で治るので問題はありません。
避妊薬の中では最も負担が大きいものになるので、常用することだけは控えて下さい。

アイピルの効果と使用方法の詳細はコチラ